A介先生のすっぴんマナー講座

ベースカラーの3色を知ることがオシャレへの近道!

フゥ、だいぶスッキリしたわね。

うぅ……あのジャケット、初任給で奮発して買ったのになぁ……。あのサンダルもボロボロだったけど愛着があったのに……。

ウジウジしないッ! 次は、クローゼットの中をベースカラーの3色に絞っていくわよ。

さ、3色? A介先生、もしかしてファッションレッスンにかこつけて私に嫌がらせしてるだけなんじゃ? 3色なんて、いくらなんでも少なすぎますよ。

かと言って、色味が多すぎてコーディネート迷子になっているのが今のアナタでしょう。

おっしゃるとおり、まさにドツボにハマってますけど。

あなたに合ったベースカラーの3色を知ることは、簡単なコーディネートでオシャレに見せるために重要なのよ。まず、1色目は誰にでも似合う白。季節も選ばないし、アクセントとしても使えるわ。

確かに、白は使い勝手がいいですよね。どの色とも組み合わせられるし。

次は黒かネイビーから1色。どちらか自分に似合うほうを選びなさい。

私、黒のワンピースを着ると、喪服っぽくなるんですよね……。

それならネイビーね。逆に、ネイビーを着たときに制服っぽくなる人は黒を選ぶこと。両方似合う人は、両方残してOKよ。

残り1色はなんですか?

ベーシックな色であるグレー、ベージュ、トープ、カーキの中から、自分自身にいちばん似合っていて、肌なじみのいい色を選びなさい。

ベースカラー3色の選び方

うーん、どれかなぁ。こうしてクローゼットを見ると、グレーの服が多いなぁと思いますけど……。

もちろん、自分のクローゼットに多い色を残すのでも構わないわ。自然と集まっているってことは、好きな色や似合う色だってことなんだし。

白とネイビーとグレーかぁ。この3色だと、いろんなパターンの組み合わせができそうですね。

そのとおり。ベースカラー同士だと、そこまで頭を悩ませなくてもいろいろと組み合わせられて、結果としてオシャレになれるのよ。

ズボラな考え方ですけど、服を選ぶときにもラクになりそうです。

荒療治になっちゃったけど、クローゼットの整理は、自分らしさを見つけることでもあるの。もう、いかにもなトレンドアイテムで表面を取り繕うのはおやめなさい。

そのとおり。それに、クローゼットを整えると、特定の一日のコーディネートだけがオシャレになるんじゃなく、毎日自分らしいコーディネートができるようになるのよ。毎日の積み重ねが大切なのも、スキンケアと共通してるわね!

すべての道は素肌に通じるんだなぁ……。クローゼットもデトックスできたし、これからすっぴんファッションづくりのご指導、よろしくお願いします!

< 今日のまとめ >

◎オシャレの基本は、自分に似合う服やなりたいイメージを知ること。トレンドに振り回されてアレコレ手を出しているうちは、まだまだ初心者よ。ステキな服に頼るのではなく、アナタ自身がステキに見えるファッションを目指すこと!
◎クローゼットは、ファッションにおけるアナタの素肌。サイズが合わない服やスタイルが悪く見える服、2年以上着ていない服は肌に溜まった老廃物と一緒よ。今すぐ潔く捨てるのね!
◎カラフルな服ばかりで組み合わせがうまくいかない…そんなコーディネート迷子は、クローゼットの中をベースカラー3色にしぼるのがオススメよ。コーディネートが組みやすいし、着回しもしやすいし、簡単にオシャレになれるわ!

菅井悦子(モデル・ヨガ講師・食育指導士)
今回の監修:杉山律子(一般社団法人 スタイリストマスター認定協会 代表理事,パーソナルスタイリスト)

映画・広告など幅広い分野でスタイリストとして活動後、結婚、出産を経て、2016年よりパーソナルスタイリストの活動を開始。顔立ち、内面からのぞく雰囲気と、ラインや丈にもこだわりぬいた「一番、素敵に見えるスタイル」を提案している。個性を引き出すスタイリングには定評があり、これまでにのべ400人のスタイリング相談にのる。同年7月より、オシャレになるステップを体系化したファッション講座をスタート。2018年5月には一般社団法人 スタイリストマスター認定協会を設立、ファッション講座に加え、オシャレに導くファッションのプロ=スタイリストマスターの育成にも尽力している。現在、7名のスタイリストマスターと共に、DMMオンラインサロンを運営。著書に「クローゼットは3色でいい」「ファッションの主役は1つ」(共にKADOKAWA)があり、両著とも翻訳出版が決定するなど好評を得ている。
https://www.stylist-master.com/
https://style-jiyugaoka.com/
https://lounge.dmm.com/detail/1089/
http://s.ameblo.jp/stylejiyugaoka719

すっぴん磨く商品ラインナップはこちらから!

RECOMMEND