A介先生のすっぴんマナー講座

抗酸化酵素で、体内からアンチエイジング!

はっ!そういえば最近、なんだか肌がくすんできているような気が……もしかして、これも紫外線が原因!?このままシミが大量発生なんてことになったらもう外を歩けない、それこそお日様の下を歩けない!A介先生、助けてください!

やっと危機感を持ち始めたようね。そんなB子に、さらに恐ろしい事実を教えてあげましょう。

怖いよ~!聞きたくないよ~!!(チラッ)全然聞きたくないよ~~!(チラチラッ)

聞きたくないって言いながら、めちゃめちゃ聞きたそうな顔でこっちを見てくるな!実はB子!あなたはもうすでに、シミができるくらいの紫外線量をとっくに浴びてしまっているのよ!

ひょぇぇぇぇぇぇ~!おそろしや~~~!って、なんでそんなことA介先生に分かるんですか!?

まぁ正確に言うと、普通に生きていたら誰でも20歳を迎えるころには、シミがいつ出てもおかしくないくらいの紫外線量を浴びてしまっているの。今まで気付かなかったのは、紫外線にあたった時に発生する活性酸素を消去してくれる、抗酸化酵素の働きのおかげだったわけ。

抗酸化酵素?そんな便利な機能が備わっているなんて朗報じゃないですかぁ!それじゃ、これからもその抗酸化酵素様に助けてもらえばいいって話ですね?

いつまでも甘えてんじゃないわよ、バカ!抗酸化酵素は30代半ばからどんどん活性力が落ちていって、一気にシミ爆弾がドカンよ!そうならないために、生活習慣を整えたり、今のうちから食べ物やサプリメントで補ってあげたりすることが必要ね

何をしてもキラキラしていたあの頃の自分に戻りたい……。あ~若いって素晴らしい。

二度と戻ってこない昔を懐かしむ前に、今できることをやるのが賢いんじゃなくって?まず大事なのは生活の5本柱を整えることよ。食事・睡眠・排泄・運動・ストレスケア。この柱をしっかりと立て直すことがアンチエイジングの要よ!

やっぱり基本は生活習慣ってことですねぇ。

その通りよ!やっと話が通じるようになってきたわね!ところでB子、さっき「肌がくすむ」って言ってたわよね?

そうなんですよ~。なんか疲れてなくても常に顔がどよ~んとしてる気がして。

くすみって肌のターンオーバーを整えることで防げるものなのよ。でもターンオーバーの過程で日焼けを繰り返すと、細胞がバカになってシミをどんどん作ってしまうという負のループに陥るの。それを防ぐためにも、日焼けダメ!絶対!

最後、ポスターの標語みたいになってる!

乾燥が肌のターンオーバーを乱したり、メイク汚れが肌に残っているとくすみに化けるから注意するのよ! それから肌のターンオーバーを正常に保つ働きのあるビタミンAや、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEの摂取するのも、くすみ対策としては効果的よ。

体の中からもケアしていこう!ってことですね。でも、ビタミンCとかAとかって何食べたらいいんだろう?

ほらよ。ざっと挙げといたから好きなの選んでちょ。

ビタミンAを含む代表的な食品
卵黄、バター、レバー、うなぎ、あなご、フォアグラ、肝油、ほたるいか
β-カロテンを含む代表的な食品
のり類、パセリ、わかめ、にんじん、ほうれん草、春菊、あんず、にら、かぼちゃ、緑黄色野菜
ビタミンCを含む代表的な食品
かんきつ類(ゆず、すだち、レモンなど)、イチゴ、アセロラ、パプリカ、ブロッコリー、豆苗
ビタミンEを含む代表的な食品
ナッツ類(アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツなど)、植物油、卵、うなぎ、たらこ、かぼちゃ

ただし柑橘類を朝に食べるのは避けたほうがいいかもしれないわね。光毒性物質「ソラレン」を含んでいるから、食べた後に紫外線を浴びると日焼けしやすくなってしまうの。それから、ビタミンAは熱や酸で壊れやすい性質があるから、加熱しすぎないようにするといいわね。熱や酸に比較的強いβ-カロテンは油で炒めたり揚げたりすると吸収が高まるのでおすすめね。効率よく摂取できるわよ。

う!な!ぎ!大好物のうなぎはビタミンAもEもあるんだ。美味しくて肌も綺麗になるなんて一石二鳥ですね!確かちょうどうなぎが冷蔵庫にあったはず……。

そんなタイムリーにうなぎがあるなんて、本当に大好物なのね!?

日焼け止めをこまめに塗り直しながら山登りして、山頂でうなぎを食べれば私も美意識高い系女子の仲間入りですね!

登山にうなぎ持ってくる女子は、まず見たことないけれどね。

日焼け止めもうなぎも持ったし!今度こそ!登山に行ってきま~す!

B子ったら、リュックを忘れて、日焼け止めとうなぎだけ抱えて行っちゃったわ……。本当そそっかしいにもほどがあるわね。

< 今日のまとめ >

  • ◎日焼け止めは厚塗りが基本。とくに鼻や頬、デコルテのように張り出している部分は日焼けしやすい部分なので、日焼け止めをしっかり塗るように!
  • ◎日焼け止めは、服を着る前に塗るのがポイント。服で覆われた範囲よりも内側まで塗ると、あらゆる角度から入ってくる紫外線に対応できるわ。
  • ◎日焼け止めは、少なくとも2時間に1回は塗り直すこと。汗をかいたら取れていると思って!
  • ◎浴びてしまった紫外線を少しでもなかったことにしたいなら、生活習慣を整えることが必須よ!食事・睡眠・排泄・運動・ストレスケアの5本柱を意識して生活することは、5年後、10年後の肌に直結するんだから!
慶田朋子
今回の監修:慶田朋子

医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科医専門医、日本レーザー医学会認定レーザー専門医。1999年、東京女子医科大学医学部卒業、同大にて皮膚科助手、美容クリニック勤務などを経て、2011年に銀座ケイスキンクリニックを開設。最新の医療機器と注入治療をオーダーメイドで組み合わせ、「切らないハッピーリバースエイジング」を叶える美容皮膚科医として多くの患者から厚い信頼を得ている。皮膚の働きや美肌に役立つスキンケア、生活習慣などの分かりやすい解説が人気で、TV、雑誌、ウェブなど多方面で活躍中。学会や論文などで、新しい皮膚科学を常に学び続け、発信を続けている。著書「365日のスキンケア」(池田書店)が好評。
銀座ケイスキンクリニック:https://www.ks-skin.com

すっぴん磨く商品ラインナップはこちらから!

RECOMMEND